NEW! ≪更新情報はこちらをクリック≫

本選審査員

小原 孝

ピアニスト・作詞・作曲・編曲家

神奈川県川崎市生まれ。
ピアニスト・作詞・作曲・編曲家

クラシックギタリストの父の影響で6歳の頃よりピアノを始める。国立音楽大学大学院を首席で修了、クロイツァー賞受賞。
1990年のCDデビュー以来、全国各地でコンサートを開催その数は1500回を超え、数多くのテレビ・ラジオ番組に出演。2006年奏楽堂日本歌曲コンクールでは3度目の優秀共演者賞と作曲部門「中田喜直賞」をW受賞。2015年川崎市文化賞受賞。2020年CDデビュー30周年を迎え通算50枚目のソロアルバム「弾き語りフォーユー」発売、YouTube「小原孝pianoチャンネル」開設した。東日本大震災や熊本地震などのチャリティ活動も積極的に行っている。
現在、NHK-FM「弾き語りフォーユー」パーソナリティ、尚美学園大学客員教授、国立音楽大学非常勤講師 川崎市市民文化大使。


小原孝のピアノサロン (odn.ne.jp)
弾き語りフォーユー – NHKジル 
小原孝音楽事務所 | Facebook
小原孝(NHK-FM 弾き語りフォーユー)さん (@TakashiObara1) / Twitter
おばらたかし(@obaratakashi7) • Instagram写真と動画
小原孝pianoチャンネル – YouTube

門倉 美香 

洗足学園音楽大学教授

鎌倉市出身
洗足学園音楽大学卒業、卒業演奏会出演。優秀賞受賞。同大学専攻科修了。在学中より演奏活動を開始し、卒業後は各種新人演奏会に出演し神奈川県立音楽堂推薦演奏会にて最優秀賞受賞。その後、オーディション・コンクール多数入賞。ソロリサイタル、室内楽、伴奏、大使館招待演奏、CD録音、テレビドラマやアニメ挿入曲吹き替え等、精力的に活動を行う。ニューシティーフィルをはじめ数多くのオーケストラやブラスバンドとピアノコンチェルトを協演。また、コンクール審査、各地での講習、後進指導など積極的に行っている。ピアノを(故)伊達純、エドワルド・デルガドの各氏に師事。
ピアニストとしての活動以外にも、2004、2005年の槇原敬之セレブレーションコンサートにおいてコーラス隊指導を行い好評を得る。その後、NHK「SONGS」「紅白歌合戦」「歌謡コンサート」、フジテレビ「僕らの音楽」、等の音楽番組や米国アーティスト来日公演、テレビCM撮影にてコーラス隊の指導及びコーディネートを継続して行う。NHK横浜放送局「アトリウムコンサート」での演奏家コーディネーターを担当(2010-2018)。現在、洗足学園音楽大学大学院教授

川染 雅嗣

昭和音楽大学教授

北海道北見市生まれ。
78年東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。在学中第24回文化放送音楽賞ピアノ部門において「音楽賞」、80年第10回ショパン国際ピアノコンクールでディプロマを受賞。同年ポーランド国立ワルシャワ・ショパン音楽院修了。帰国後は各地で演奏活動を行う。99年より2010年まで<あじがさわミュージックフェスティバル>の、11年から18年まで<イカール国際室内楽アカデミー>のプロデューサーとして、室内楽の普及に努めた。その功績により06年、鰺ヶ沢町文化章を授与される。
著書として「明解ピアノ上達法」(ショパン刊)がある。また、10年3月にCD「遠い思い出のかなたに」をリリースしている。研究分野はショパン及び帝政末期ロシアの音楽で、09年日本アレンスキー協会(本部・札幌市)を設立した。
現在、昭和音楽大学教授、日本アレンスキー協会会長、全日本ピアノ指導者協会正会員、日本ピアノ教育連盟、北海道ポーランド文化協会、麻生区文化協会各会員、大和市文化芸術振興審議会会長。

沼沢 淑音

ピアニスト・桐朋学園講師

桐朋女子高等学校音楽科ピアノ科を首席で卒業、あわせて桐朋学園音楽部門より特別奨学金を授与される。
桐朋学園大学ソリスト・ディプロマを経て公益財団法人ロームミュージックファンデーションの奨学生としてエリソ・ヴィルサラーゼ氏のもと2015年にモスクワ音楽院を卒業。
これまでに杉安礼子、故ウラジーミル・竹の内、佐藤辰夫、辻井雅子、広瀬康、野島稔、ミハイル・カンディンスキー、エリソ・ヴィルサラーゼの各氏に師事。
素晴らしい輝かしいピアニストで私は彼の特別な繊細な感受性と音楽への献身に心動かされました。(アルゲリッチ氏)
音楽に普遍的なアプローチをする事ができる個性的で創造的なアーティスト(ネルセシアン氏)と称賛される。
ケルン国際音楽コンクール三位入賞、シュニトケ国際コンクール優勝、ポリーニも過去に優勝した歴史あるポッツォーリ国際ピアノコンクールで優勝。
また浜松国際ピアノコンクールにて「ネルセシアン賞」「( 公 財 )アルゲリッチ芸術振興財団賞 」を受賞しアルゲリッチ氏より別府アルゲリッチ音楽祭に招待され演奏する。
外山雄三、沼尻竜典、ミヒャエル・ザンデルリング、山田和樹指揮、アンサンブル金沢、仙台フィルハーモニー管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、ケルン放送管弦楽団等と共演。
ラ・フォル・ジュルネ音楽祭等、日本国内各地はじめ欧州の音楽祭に出演。 2017年4月より桐朋学園非常勤講師。

ミハイル・カンディンスキー

ピアニスト

1973年モスクワ生まれ、大画家W.カンディンスキーを輩出したロシア家系に当たる。
1996年モスクワ音楽院を首席卒業後渡英、1998年英国王立音楽院大学院修了、ウィンゲート賞受賞。更にグネーシン大学院にて研鑽を積む。E.ヴィルサラーゼ、H.ミルン、W.トロップ他の各氏に師事。
1991年プロコフィエフのピアノ協奏曲でデビュー以降、ロシア・ヨーロッパ各地にてリサイタル。音楽祭ではロシア・メトネル記念音楽祭ほかドイツ・アメリカ・イギリスへ出演。モスクワ音楽院ヴァイオリン科教授A.メルニコフのピアニストも務め、来日までモスクワ・フィルハーモニー協会アーティスト。
2001年来日以降神奈川に在住、紀尾井ホール等でのリサイタル、ウィーン・フィルやN響メンバーとの共演、震災チャリティコンサート等行い、近年はワルシャワ・ショパンコンサート、モスクワ・タニエフ音楽祭、東京文化会館リサイタル世界初演等好評を博す。
CDは8枚リリース、朝日新聞・レコード芸術・音楽現代等各誌にて高評を得、YouTubeには100曲以上の音源をアップ中。洗足学園音楽大学非常勤講師、上野学園音楽学部客員教授、東京ピアノコンクール、ショパン国際コンクールin Asiaほか各審査員。PTNA正会員。

50音順・敬称略