NEW! ≪更新情報はこちらをクリック≫

特徴

趣旨・目的


首都圏にあって国内最高峰のホールを擁するだけでなく、世界への玄関口・東京国際空港が近接する、音楽資源豊かな「音楽のまち・かわさき」。
音楽文化の更なる向上と発展に努めることを基盤とし、「音楽のまち・かわさき」から世界に羽ばたく才能溢れる音楽家の発掘と育成を行うべく開催いたします。

かわさきピアノコンクールは、川崎市内・市外の方関係なく全国からどなたでも参加可能です

特徴

自由曲

学びのペースやご都合に合わせ、自分の良いところをアピールでき、どなたでも気軽に参加できます。

多数の表彰

予選から多数の賞と、本選では各部門第1位~第3位の他にも、大会グランプリや川崎市長賞、川崎市教育委員会賞、公益財団法人川崎市文化財団賞、「音楽のまち・かわさき」推進協議会かわさきミュートン賞、tvk賞、川崎西北ロータリー賞、審査員特別賞、奨励賞、優秀指導者賞など多数の賞を準備し、各賞につき、賞状・トロフィー・盾を授与。
また、大会グランプリ受賞者(本選各日1名ずつ)には、賞金(30,000円~50,000円)を贈呈いたします。

審査員

予選・本選とも、指導経験・演奏経験共に豊富なピアノ指導者・ピアニストで、かわさきピアノコンクール運営委員会から承認された優秀な音楽家が務めています。

第2回本選審査員(2022)

審査方法

フォーム・リズム感・表現力・テクニックなどから総合的に点数を付ける審査だけでなく、審査員直筆による講評を参加者全員に交付いたします。
(結果発表後に、予選・本選ともに参加者全員に郵送いたします。)
参加者の今後の意欲や成長に繋がるよう、コミュニケーションを大切にします。

※審査員には参加部門と氏名、曲名・作曲者名のみを伝え審査を行います。川崎市内・市外関係なく公平に審査を行います。
※審査員の門下生が参加される場合は別の審査員が審査をし、審査員の門下生であることは伝えずに公平に審査を行います。

主催・後援・特別協力・協賛

【主催】
かわさきピアノコンクール運営委員会

【後援】
川崎市・川崎市教育委員会・川崎商工会議所・公益財団法人川崎市文化財団・「音楽のまち・かわさき」推進協議会・tvk
【特別協力】
川崎西北ロータリークラブ・コンパルミュージック
【協賛】
アビックスコーポレーション・窪田医院・昭和音楽大学